08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

よそものネット

在外邦人と賛同者の 脱原発ネットワーク

沖縄と核 

NHKスペシャル 2017年9月10日 

ドキュメント 沖縄と核






スポンサーサイト

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

ビキニ事件63年目の真実  

ザ・スクープスペシャル

ビキニ事件63年目の真実 




ビキニ、マーシャルの原水爆実験被害
ロンゲラップ住民は
人体実験に使うため意図的に留め置かれた。
のちにアメリカから安全宣言が出て帰還させられ、
しかし健康被害が大きいため皆また島を出て、
再度の安全宣言後も帰還者はなし。
今の福島の現実に重複する。

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

2017年8月9日長崎原爆投下追悼 パリ・レパビュリック広場にて 

2017年8月9日長崎原爆投下追悼 
パリ・レパビュリック広場にて


category: アクション

cm 0   tb 0   page top

パリ反核行事プログラム 広島~長崎 2017 

Vigilance Hiroshima-Nagasaki
Programme 6-9 août 2017 à Paris


Du dimanche 6 août à 11 heures au mardi 9 août à 12 heures une présence quotidienne sera assurée par les jeûneurs dans différents lieux de Paris.
Programme prévisionnel

Samedi 5 août
à partir de 16 heures : accueil
Adresse : Centre sportif Jean Dame, 17 rue Léopold Bellan, 75002  Paris
(Métro ligne 3, station Sentier).

Dimanche 6 août
Place de la République : rendez-vous à 10h30 et présence jusqu'à 18 heures.
11h00 : cérémonie de commémoration des 71 ans du bombardement de Hiroshima : musique de Yuko Hirota avec son Koto (piano japonais), lecture de textes.
12h00 à 18h00 : actions d'animation, place de la République
17h00 : place de la République, lâcher de ballons

Lundi 7 août
10h00 à 18h00 : présence place Igor Stravinsky (4e, à côté du Centre Pompidou) 
et actions dans Paris décidées par les jeûneurs

Mardi 8 août
10h00 à 18h00 :présence place Igor Stravinsky (4e, à côté du Centre Pompidou)
 et actions dans Paris décidées par les jeûneurs
20h00 à 22h00 : film La bombe et nous,
 film de Xavier-Marie Bonnot, suivi d'un débat 
à la Mairie du 2e, 8 rue de la Banque (métro Bourse)

Mercredi 9 août
10h30-12h00 : place de la République, 
cérémonie de commémoration des 71 ans du bombardement de Nagasaki
11h02 : minute de silence à l'heure de l'explosion de la bombe sur Nagasaki
11h15 à 12h : intervention artistique
14h00 : Mairie du 2ème (8 rue de la Banque, M° Bourse). 
Rupture du jeûne avec collation légère.

今年は広島・長崎原爆投下から72年になります。
去る7月7日、
国連では核兵器禁止条約案122か国によって採択されました。
日本もフランスも不参加)。
毎年、パリをはじめいくつかの都市では、
核兵器廃絶を求めて6日から9日まで、
断食その他のアクションが行われます。

今年のパリのプログラムは以下のとおりです。
パリにいてお時間のある方は、ぜひご参加ください。

Jeûne-action par Abolition des armes nucléaires.
8月5日(土)
16時〜 断食参加者の受け入れ(2区ジャン・ダム施設)
Centre sportif Jean Dame, 17 rue Léopold Bellan, 75002  Paris
(Métro ligne 3, station Sentier)


8月6日(日)
10時半〜18時 レピュブリック広場 Place de la République
11時 広島原爆72周年セレモニー スピーチ、テキスト朗読、
琴(広田祐子)福島からの参加者発言など
17時 風船を放つ
collage0806-2.jpg 

collage0806.jpg 


8月7日(月)
10時〜18時 ポンビドーセンター付近ストラヴィンスキー噴水脇をはじめ
パリ市内でアクション
place Igor Stravinsky (4e, à côté du Centre Pompidou)

8月8日(火)
10時~18時 ポンビドーセンター付近フトラヴィンスキー噴水脇をはじめ
パリ市内でアクション
place Igor Stravinsky (4e, à côté du Centre Pompidou)
20時〜22時 映画 la bombe et nous (原爆と私たち)
監督Xavier-Marie Bonnot 上映後討論 
2区区役所にてMairie du 2e, 8 rue de la Banque (métro Bourse)

8月9日(水)
10時半〜12時 レピュブリック広場 Place de la République
11時2分 長崎原爆投下黙禱
11時半〜12時 スピーチ、詩の朗読、音楽など
14時 断食終了 2区区役所Mairie du 2ème (8 rue de la Banque, M° Bourse)


collage08091.jpg 
collage0809.jpg


category: アクション

cm 0   tb 0   page top

「核のごみ」処分場選定に向け 初の全国地図を公表 


category: アクション

cm 0   tb 0   page top

自由なラジオから 

今、改めて問う!(6月26日)
日本の原子力政策と福島第一原発事故の行方





category: アクション

cm 0   tb 0   page top

プルトニウム被ばく事故(2017年6月6日) 

20170621.png 


             (時事ドットコムニュース)

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

6月6日大洗研究開発センター事故 再測定 

6月6日大洗研究開発センター事故 再測定

6月6日に起こった被爆事故の再測定
プルトニウムは検出されなかった、という発表がありました。
どちらが真実か、私たちには分かりませんが、
この事故について詳しく知りたい方は、
原子力資料情報室の以下のサイトをご覧ください。


いずれにしろ、
JAEA東海村JCOなど原子力利用に関わる組織が、
放射性物質をどれほどずさんに取り扱っているか、を明るみに出した事故でした。



category: アクション

cm 0   tb 0   page top

「想定外の」被ばく事故を考える 

「想定外の」被ばく事故を考える


この6月6日
茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」で、
「想定外の」被ばく事故が起きました。

核燃料の貯蔵容器の点検作業中に、
内部のプラスチック袋が破裂し、
プルトニウムなどを含む放射性物質の粉末が飛び散り、
5人の作業員が被ばくしたのです。

容器を開けた男性職員の肺
2万2千ベクレルのプルトニウムで汚染されていることがわかりました。
体内に取り込まれた放射性物質の総量は36万ベクレルと推計されています。
作業員は、汚染された室内に3時間も待機を余儀なくされ、
放射性物質はその間、鼻から気管支を経て血液に入り込み、
内臓や骨にも取り込まれた可能性があると推定されています。
これは、暫定で年間1.2シーベルト(1200ミリシーベルト!!)という、
国内では前例のない高レベルの内部被ばくです。

これで思い出すのは、
1999年に起きた東海村JOC臨界事故のことです。
ここでは高速増殖炉の研究炉で使用される核燃料を製造していました。
この事故で、
前例のない高レベルの外部被ばくをした2人が亡くなりましたが、
その一人、大内さんの治療に関するドキュメンタリー
2001年、NHKで放映されています。

いま一度、被ばくとはどういうことか、
を再確認するためにご覧ください。



category: アクション

cm 0   tb 0   page top

“世界最大の原発”建設へ インドのジレンマ 

“世界最大の原発”
建設へ インドのジレンマ


category: アクション

cm 0   tb 0   page top

原発事故から6年 未知の放射性粒子に迫る 

20170607.png 


原発事故から6年 
↑CliCK

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

浜岡原発新たな活断層発見! 

201706061.png

↑ CLICK

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

 

20170606.png

核のゴミはどこへ?
↑CLICK

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

福島六ケ所未来への伝言 上映会 

上映会のお知らせ
「福島六ケ所未来への伝言」

場所 パリカトリックセンター

4, Bld Edgar Quinet 75014 PARIS

日時 4月19日
   13時から

まだまだ空席がありますので、奮ってご参加下さい!

六ケ所村 



category: アクション

cm 0   tb 0   page top

パリ国際都市日本館にて「無念」上映会 

3月25日18時~21時
パリ国際都市日本館にて 
浪江町のアニメ作品「無念」上映





 17 Boulevard Jourdan, 75014 Paris 
      日本館 7c, Boulevard Jourdan 75014 Paris FRANCE

20170325c.jpg 

20170325a.jpg 

20170325b.jpg 



             

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

よそものネットにようこそ

メールフォーム

メールアドレス