FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

よそものネット

在外邦人と賛同者の 脱原発ネットワーク

短編映画「東電刑事裁判不当判決」 

 


以下「福島原発刑事訴訟支援団ホームページ」より。
 東電刑事裁判は9月19日、東京地裁により「全員無罪」の判決が下されました。この判決内容のあまりにひどい内容に、これを許してはならないと海渡雄一弁護士がハイスピードで脚本を書き、この映画が制作されました。前作の『東電刑事裁判 動かぬ証拠と原発事故』は現在YouTube・DVDで3万3千回以上視聴されています。第2弾のこの映画についてもYouTubeで無料公開しております。みなさま、広く拡散をお願いいたします。 
  全員無罪という結果ももちろんですが、その判決の内容も驚くほどひどいものです。裁判官らは公判で証言された被害の実相についてはほとんど触れず、専門家が国の機関として公表した知見を「信頼性はない」と切り捨て、当時の社会通念は「何よりも安全性確保を最優先し、事故発生の可能性がゼロないし限りなくゼロに近く」することを「前提としてはいなかった」と判じたのです。検察官役の指定弁護士は、「判決をこのまま確定させることは、著しく正義に反します」と述べ、控訴を決めました。
 
 世界中を震撼させた福島第一原発事故は終わっていません。福島県民をはじめ、被害者の憤りと悔しさ、苦しみ、生活、健康問題の困難は、今も続いています。この事実を多くの人に知らせ、現状を変えていかなければなりません。東京高裁での控訴審では、責任を負うべきものがきちんと責任を取る、そのような判決が下されることを望みます。
  監督は河合弘之弁護士、企画・監修は海渡雄一弁護士、福島原発刑事訴訟支援団です。
映画で使用している証拠映像などについては東電株主代表訴訟の協力を頂きました。 
 自由にどんどん上映、拡散してください!(上映権料もありません)  

 *福島原発刑事訴訟支援団ホームページ 
*DVDをご希望の方は、500円(送料込み)でお送りします。【振込用紙を同封します】 
*問い合わせ先:支援団 080-5739-7279 

 info@shien-dan.org

===福島原発刑事訴訟支援団=== 
福島県田村市船引町芦沢字小倉140-1 080-5739-7279
📩info@shien-dan.org
スポンサーサイト



category: アクション

cm 0   tb 0   page top

9月21日 環境と社会正義の為のマーチ 

 前日に引き続き21日の土曜日も、グリーンピース、オックスファム、ニコラ・ユロ基金等のNGOや労働組合が呼びかけ、環境と社会正義の為のマーチが行われました。


 13時からリュクサンブール駅周辺に家族連れの人々も集まり始め、黄色いベスト達も合流し、14時頃サンミッシェル通りを南下し始めました。1キロ程歩いた時催涙ガスの匂いがし、隊列は止り、近くの公園等へ避難をした人達もいました。


 ブラックブロックの存在、壊されたバイクや銀行の入り口が目に付きましたが、マーチ参加者の中に怪我人も出て、医療班に手当てを受けていました。デモは憲法で保障された権利であり、政府はデモ参加者の安全を守るべきなのに、機動隊のデモ参加者への対応が度外れで危険でさえあるとの批判が主催者側から出されていたのです。


 16000人の参加者を数えたデモ隊の一部は、一旦止まったマーチを続けベルシー公園に到着しました。参加された皆さん、お疲れ様でした。


IMG_0688.jpeg


IMG_1527.jpeg


IMG_1533.jpeg


IMG_0692-1.jpeg


IMG_1855-1.jpg

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

9月20日(金) 気候マーチ 

 6月末と7月末に記録的猛暑を経験したフランスでは、気候温暖化を危惧する人は確実に増えています。


 9月23日からニューヨークで開催される国連気候アクションサミットを前に、世界規模でのグローバル気候マーチが行われました。163ヶ国で400万人が参加し、今までで最大規模となったと報道されました。


 パリでは前回同様、授業に行かずマーチに参加する事を選んだ中学生、高校生を中心に、14時頃ナシオン広場を出発し、15時頃ベルシー公園に到着し、参加数は9400人と発表されました。


   ベルシー公園では環境関係NPOがブースを出し、あちこちで話し合いのアトリエが開かれました。よそものは、レゾー、SNPと共に「原子力発電は気候温暖化を防ぐ為の解決策ではない」事を説明するブースを持って、「それならどういう解決策があるのか」との若者達からの質問に答え資料を提供しました。福島の現状に興味を持つ人も多く、福島刑事裁判の不当判決に付いても説明しました。好天に恵まれた気持ちのいい集会でした。

 IMG_1852.jpg

IMG_1851.jpg IMG_2542.jpg IMG_0675.jpeg

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

安藤栄作さんの個展、パリにて 


 奈良在住の彫刻家、反原発・反核の発言でも知られる安藤栄作さんの個展がパリで始まりました。


 日本やフランスの反原発の友だちからぜひ見に行くといいと言われてオープニングに行き、この機会に短期パリにいらした安藤さんにも会えました。


 安藤さんが今回展示した作品は、クスや檜を素材にした彫刻。一つの作品の中でも木の色に変化があり、生命感が微妙に表現されています。


 内側からのエネルギーを表す、世界を内側から作っていきたい、という安藤さんは、3.11でいわきの自宅にあった全てと愛犬を失い、幸い無事だった家族とともに、それまでの全てがほとんど無に帰された状況からの再出発の中で、制作にも励んできました。(お連れ合いも彫刻家、全く違うスタイルの木工彫刻をつくる長谷川浩子さん)。


 反原発をしっかり表明する数少ないアーティストの彼と、このオープニングの9月19日に不当な判決が下された福島原発刑事裁判、日本の状況についても語り合うことができました。


 安藤さんは2017年の第28回平櫛田中賞受賞、さらに2019年の第10回円空大賞・円空賞受賞。


 「Eisaku ANDO・MASS and SPIRIT」

 2019年 9月20日(金)~11月2日(土)

 11h~13h, 14h~19h

 ※期間中の日曜日は休廊

  Galerie Grand E’terna

 3 Rue de Miromesnil 75008 Paris

 http://fukushima-net.com/sites/content/178

  20190919_204207.jpg20190919_204216.jpg IMG_0664.jpeg

category: アクション

cm 0   tb 0   page top

歴史修正主義者・差別主義者の杉田水脈氏のパリ講演に断固として抗議する。 

標記の内容の署名ページです。Change.org


category: アクション

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

よそものネットにようこそ

メールフォーム

メールアドレス