07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

よそものネット

在外邦人と賛同者の 脱原発ネットワーク

チェルノブイリ ベラルーシの子供たち 

ベラルーシの汚染地区で20年以上前から地域に根ざした放射線防護対策を実施し、
子ども達の世話をしているベルラド研究所の、運営費の8割を賄っ ているフランスのNPO
「チェルノブイリ・ベラルーシの子ども達(ETB)」
からのお知らせです。

11月16日21時より、パリのSaint-Etienne du Mont教会で
団体会員でもあるソプラノ歌手Catherine Lieberと
オルガン奏者Marie-Agnès Grall-Menetのリサイタルが開催されます。
収益はETBを通してベルラド研究所存続のために活用されます。
プログラムには中世、バロックの楽曲のほか、フランス音楽が予定されて います。
Inspiration médiévale (Hildegarde Von Bingen, Guillaume Dufay…)
Effusion baroque (Bach, Purcell, Haëndel, Vivaldi…)
Ferveur française (Bazelaire, Poulenc, Gigout…)

11月16日21時
Eglise Saint-Etienne du Mont
Rue de la Montagne Sainte-Geneviève, 75005 Paris, France

詳しくは団体のHPをご覧下さい(フランス語です)

スポンサーサイト

category: ウクライナ情報

cm 0   tb 0   page top

ウクライナ情報リンク集 

以下のリンクをご紹介します。お時間のあるときに
是非 ご覧ください。


ウクライナ政府の健康調査レポート日本語抜粋版

ベルラドのアレクセイ・ネステレンコ所長の記者会見
      ↑を 文字に書き起こしたブログ

category: ウクライナ情報

cm 1   tb 0   page top

ベルラド研究所のアレクセイ・ネステレンコ現所長が福島市で講演 

ベルラド研究所のアレクセイ・ネステレンコ現所長が福島市で講演しまし た。
その模様がIWJ福島で公開されています。

チロ基金・ベラルーシの部屋ブログの辰巳雅子さんのお話の後に、
アレクセイ・ ネステレンコ所長、質疑応答と続きます。
チェルノブイリの事故の被害を最も如実に受けたベラルーシで、20年以上前か
ら住民の防護に携わってきた研究所の考えや、現地での健康状態、補償 のため
の法律など、詳しいお話が聞けます。

また、CRMSの岩田渉さんと福島測定めぐりをした模様もビデオになっています。
子ども福島の佐藤幸子さんとの会談もあります。


ETVのウクライナ特集のベラルーシ版

チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告... par tvpickup

健康被害についてはウクライナ特集のほうが詳しいですが、避難者の保障をする
チェルノブイリ法や、2011年になってもなお土壌汚染の悪化が見ら れるという
事実など、日本でも知っておくべきことが報道されています。


                      りんご野より

category: ウクライナ情報

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

よそものネットにようこそ

メールフォーム

メールアドレス