05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

よそものネット

在外邦人と賛同者の 脱原発ネットワーク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

フランスの脱原発主催の記者会見 

フランスの脱原発網
(Réseau Sortir du nucléaire、略称レゾー)

主催の記者会見が6月25日、パリ2区の市役所で開かれました。

Footprints for peaceが毎年催す「脱原発と平和のための徒歩旅」、
今年は6月29日から7月30日まで
フランス南西部のナルボンヌからリヨンの近くのビュジェ原発まで、
フランス南部の核施設をぬって歩きます。

FootPrints for Peace
Marche internationale 2013

ウラニウムの道を阻もう」というキャンペーンの一つであるこの徒歩旅に、
今年はオーストラリアからアボリジニを含む市民も参加します。

オーストラリアはカザクスタン、カナダにつぐ世界第3のウラニウム産出国
(全生産の約20%、福島第一でもオーストラリア産のウランが使用されていた)。

ウラン業界は、アボリジニの土地所有権法や環境保護法を無視して採掘し、
環境(とりわけ大切な水の汚染)と住民の健康、文化を破壊していると
オーストラリアから来たマーカス・アトキンソンさん
(footprints for peace)は訴えました。

アボリジニのミッチさんは、彼らの聖地マケティーに
放射性廃棄物処理場を作ろうというオーストラリア政府の計画に反対しています。

オーストラリアには原発は1つもないのですが、
シドニー郊外にある研究用原子炉からの廃棄物
3000キロも離れたマケティーで処理しようとしているとのこと。

アフリカにおけるフランスの新植民地主義を摘発しているNPOのSurvieからは、
ニジェールなどのウラン鉱山による現地の人々の健康と環境破壊について話がありました。
アフリカのアレヴァ」という資料をレゾーと共同で出しています。

記者会見後、少人数でしたがラファイエット通りにあるアレヴァ社までデモしました。
建物は警察に厳重に保護されていて、道の反対側で止められました。
二人だけ道を横切ってよいと許され、入り口の前に十字架を置いてきました。


2013625b.jpeg 2013625a.jpeg 2013625.jpeg

スポンサーサイト

category: 報告

cm 0   tb 0   page top

【緊急署名】大飯原発は新基準に適合していません! 

【緊急署名】
大飯原発は新基準に適合していません!
 
直ちに運転停止を!
ご署名、拡散、宜しくお願い致します。

ネット署名
携帯から
紙版の署名用紙

第一次集約:6月20日(木)22時
最終集約: 6月25日(火)22時


原子力規制委員会委員長 田中俊一 様

原子力規制委員会は4月から、大飯原発3・4号が新基準に適合しているかを評
価するために会合を重ねてきました。5月15日には、更田委員が大飯原発を視
察し、「決定的な欠落はない」とコメントし、大飯原発の運転継続を了承する判
断を示そうとしています。

しかし大飯原発は、新基準に照らして「決定的な欠落」があります。問題の多い
新基準ですが、それでも大飯原発は新基準に適合していません。これまで、スト
レステストや4閣僚の政治判断で運転が強行されてきましたが、今回、規制委員
会が検討してきた新基準との適合性も満たしていません
。実態は下記のとおりで
す。

事故時の対応を行う免震事務棟はありません
そのため、大飯原発1・2号の会議室を代用するとしています。しかし、事故の
起きている3・4号の隣で、場所が近すぎるため役割を果たすことはできませ
ん。会議室は約105平方メートルで、収容人員はわずか38名です(本来は1
000名の収容規模が必要)。
原子炉の状況などを表示する機器は、ノートパソコン1台しかありません。免震
事務棟の完成は2015年秋頃となっています。

義務づけられている、防潮堤も完成していません。防潮堤完成は、来年3月の
予定です。

再稼働の前提となっている敷地内破砕帯調査の結論はでていません
大飯原発の敷地内破砕帯F-6は、調査が継続中であり、有識者会合の結論は出
ていません。

義務づけられているフィルター付きベント設備も完成していません。完成は2
016年3月予定です。

規制委員会が求める「活断層の3連動を基本にした基準地震動」を策定してい
ません

関電は、基準地震動については2連動のままで、3連動は「仮に」として「評価
用地震動」なるものに置き換えてしまっています。

要請事項:大飯原発3・4号は新基準に適合していないため、
直ちに運転を停止してください


署名提起団体]グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪
の会/大飯原発止めよう裁判の会/原子力規制を監視する市民の会


連絡先団体:グリーン・アクション
京都市左京区田中関田町22-75-103.
TEL: 075-701-7223 
FAX: 075-702-1952

category: 脱原発

cm 0   tb 0   page top

小出裕章講演会「今考えよう!!未来のエネルギー」 

小出裕章講演会
今考えよう!!未来のエネルギー」(2013.5.18/福井県越前市)




公開日: 2013/05/22
会場:越前市文化センター
主催:小出裕章さんとエネルギーを考える会

※冒頭13分、ところどころ音声にノイズが入ります。講師の声が聞き取れなく
なってい­るため、字幕を入れました。申し訳ありません。

0:00~   生き物の不思議
10:10~  すべては遺伝情報に
18:39~  生き物と放射線は相いれない
31:47~  原子力にかけた幻の夢
40:36~  福島原発事故 今、進行中
1:07:40~ 福井に福島の汚染地図を重ねると...
1:11:21~ 福島原発事故、本当の被害の大きさは?
1:23:00~ どちらを選ぶ
1:28:26~ 放射線ガン死の年齢依存性
1:51:20~ 若狭の海/姫野洋三(歌)
1:54:59~ 疲弊させられた地域
1:59:59~ 質疑応答(憲法と原発/放射能汚染された食品等について/宇宙での
      放射線被曝について­)

category: 情報

cm 0   tb 1   page top

オランド大統領への手紙 

オランド大統領


 日本の安倍首相と6月7日、原子力分野での「日仏パートナーシップ」強化のための話し合いを持たれると報道されております。福島第一原発事故の直後、「原子力ルネサンス」を唱えるサルコジ前大統領が東京詣でに駆けつけた姿を彷彿とさせます。

 大統領は選挙の時、2025年までに原子力依存を75%から50%に削減し、少なくとも2017年までに老朽原発フェッセンハイムを閉鎖する、と公約されました。再生可能エネルギーを20%に拡大する、という約束もされました。

 しかし、これらの約束を実現するためにどんな政策を推進しておられるのか、私たちにはまったく見えません。それどころか、マリに派兵したのには、アレバ社が住民の健康、環境を破壊しながら採掘している隣国ニジェールのウラン鉱山を守るという目的もあったように思われます。そして今度は、福島第一原発事故で苦しむ人々や世論を無視して原発政策を推進する安倍政権と、原子力に関する協力関係、すなわち核ビジネスの連携を強化しようとされております。公約とは逆方向に変更されたのでしょうか。大統領選で投票した多くの有権者、支持者は、たいへん失望しております。

 原子力依存を減らす、という当初の約束は、福島事故後、大統領が原子力の危険性に対する認識を深められたためと思います。しかし、自国の原子力依存は減らすが海外への原発輸出は維持促進する、ということなら、自国では流通させられない薬をアフリカに売る製薬会社と同じです。

 原子力がフランスにとって政治地理や象徴的な面において、そしてもちろん経済的にも重要なことは周知の事実です。しかし福島事故後、人々の健康被害や環境破壊はもとより、深刻な事故が起きたときの事故処理コストが天文学的数字になること、そして廃炉コストが膨大であることなど、もはやこれらの問題をないがしろにすることはできません。しかも今日では、経済効果、雇用創出の点でも再生可能エネルギーのほうが有利であることが明らかになっています。

 どうか再び深刻な事故が起こらないように、力と意志を尽くしてフランスのエネルギー政策を転換し、世界が原子力廃止へと向かう決定的な歩みの模範となってくださるよう、心からお願いいたします。フランス共和国大統領、原発大国の長であるあなたは、人類にとって有益なその行為をなすことができるのです。

2013年6月6日 パリ    在仏日本人



Monsieur le Président,

Vous vous apprêtez à rencontrer le 7 juin à Tokyo le Premier ministre japonais, M. Abé, pour une discussion visant à renforcer la "coopération franco-japonaise" en matière d'industrie nucléaire. Cette initiative rappelle à notre souvenir l'image de votre prédécesseur, fervent promoteur de la "Renaissance nucléaire", se précipitant à Tokyo juste après le début de l'accident nucléaire majeur survenu à la centrale de Fukushima Daiichi.

Pourtant, pendant la campagne présidentielle de 2012, vous aviez au contraire promis de réduire la part du nucléaire dans la production électrique française, de 75% actuellement à 50% avant 2025, ainsi que la fermeture avant 2017 de la vieille centrale de Fessenheim. Votre engagement portait enfin sur une augmentation de la part des énergies renouvelables à 20%.

Un an s'est écoulé depuis votre élection et nous ne voyons toujours pas la politique qui vous permettrait de mettre en œuvre ces promesses de campagne. En revanche, l'envoi des troupes françaises au Mali avait aussi, nous semble-t-il, un objectif non déclaré visant à protéger les mines d'uranium du Niger voisin, qu'exploite l'entreprise Areva en portant par là préjudice à la santé des populations et à l'environnement. A présent, vous envisagez de renforcer la coopération avec le gouvernement pro-nucléaire de M. Abé, alors que beaucoup de gens continuent à souffrir des conséquences de la catastrophe nucléaire de Fukushima, toujours en cours, et au mépris d'une opinion japonaise qui ne veut plus majoritairement du nucléaire.

Vos promesses de réduction de la dépendance au nucléaire provenaient, avions-nous imaginé, d'une prise de conscience renforcée après l'accident de Fukushima des dangers de cette énergie. Cependant, la démarche consistant à vouloir développer l'exportation des industries nucléaires au bénéfice de l'économie française, tout en réduisant la part de ses activités internes, pourrait s'apparenter à la politique de certains laboratoires pharmaceutiques, qui vendent sur le continent africain des médicaments interdits dans leur propre pays.

Nous n'ignorons pas l'importance du nucléaire pour la France, tant sur le plan géopolitique que symbolique, et évidemment économique. Néanmoins, après la catastrophe de Fukushima, il est impossible de négliger les coûts astronomiques que requiert la gestion des conséquences d'un accident majeur, ainsi que ceux liés au démantèlement, sans parler de ce que représenteraient les préjudices sanitaires et les dégâts sur l'environnement. Or on sait, par ailleurs, que les énergies renouvelables sont de plus en plus compétitives et génératrices d'emplois.

Nous vous demandons donc de tout notre cœur, afin de prévenir le risque d'un autre accident majeur, de mettre en œuvre toutes vos capacités et votre détermination pour un changement de cap dans la politique énergétique de la France, et de faire par cet exemple un pas décisif vers l'arrêt du nucléaire,
non seulement au Japon mais dans le monde entier. Vous, Président de la République française, pouvez, en tant que chef d'une grande puissance nucléaire, effectuer ce geste salutaire pour l'humanité.

Paris, le 6 juin 2013

Des ressortissants japonais résidant en France et leurs soutiens.

category: 脱原発

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

よそものネットにようこそ

メールフォーム

メールアドレス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。