07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

よそものネット

在外邦人と賛同者の 脱原発ネットワーク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

緊急ネット署名 関電の「F-6破砕帯は活断層ではない」に大きな疑問あり 

関電の「F-6破砕帯は活断層ではない」に
大きな疑問あり



大飯原発破砕帯の次回評価会合
9月2日(月)13:00~15:30です。

破砕帯問題が決着しなければ再稼働の審査ができないため、
相当に急いでいます。
前回8月19日の評価会合では、多くの委員から疑問が出されているのに、早い
時期に会合日程が入っています。

9月2日に、F-6破砕帯は活断層ではないと、
強引に結論
を出す可能性があります。

これを止めるため、
多くの署名をお願いします。


PC用   
携帯用  

第一次集約 8月30日(金)15時
第二次集約 9月1日(日) 24時

原子力規制委員会と、担当の島崎委員長代理宛の署名です。

【要望事項】
1.関電任せの調査ではなく、規制委員会の責任でトレンチ掘削等を行い、
慎重に審議
してください。

2.山頂トレンチの破砕帯は、新しい時代の動きを否定できません。
新基準に照らして安全側に活断層だと評価してください。


30日(金)署名提出と記者会見 ぜひご参加ください
 参議院議員会館B102
 17:40~17:50 署名提出/ 17:50~18:30 記者会見

署名提起6団体
グリーン・アクション/美浜の会/おおい原発止めよう裁判の会/フクロウの会
/FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会

【関連情報】

◎6団体の共同声明

◎大飯原発断層、未提出資料報告を 規制委が関西電力に要求 
 { 福井新聞 2013年8月20日 }

◇9月2日評価会合 
傍聴〆切りは30日(金)正午です。傍聴もよろしくお願いします。
傍聴申し込み詳細


署名全文


原子力規制委員会 御中
原子力規制委員会委員長代理 島崎邦彦 様

要  望  事  項

.関電任せの調査ではなく、
規制委員会の責任でトレンチ掘削等を行い、慎重に審議してください。

.山頂トレンチの破砕帯は、新しい時代の動きを否定できません。
新基準に照らして安全側に活断層だと評価してください。

8月19日の第5回大飯破砕帯評価会合で、関西電力は新たに掘削した南側ト
レンチで見つかった破砕帯をF-6と断定し、23万年前の火山灰を含む地層に
変位を与えていないとして、「F-6は活断層ではない」と主張しました。
委員から多くの疑問が出される中、
関電は「破砕帯の結論がでないと再稼働の審査に
進めないので、早期に結論を」等と発言しました。


このような姿勢は断じて許されるものではありません
19日の評価会合の審議内容を踏まえれば、
以下のような根本的問題があります

.山頂トレンチの破砕帯は、新しい時代の動きを否定できません。
新基準に照らして安全側に活断層だと評価すべきです。

関電が示した南側トレンチの破砕帯が古い年代のものであることは、有識者会合
の全ての委員も共通の認識です。しかし、南側トレンチの破砕帯が完全に固結し
ているのに対して、山頂トレンチの破砕帯は「極めて軟弱な破砕帯」で「手で掘
れる」ほどの性状であると委員から報告されています。また、両者の破砕帯の活
動時期は一致するのかとの意見も出されました。関電は、山頂トレンチ破砕帯の
活動年代を特定できていないにも関わらず
「活断層ではない」と強引に結論づけています。
新基準では、地層等で活動時期を特定できない場合には「断層等の性状等によ
り、安全側に判断すること」と明記されています(「設置許可基準規則」3条3
項の解釈)。新基準に照らせば、「極めて軟弱な破砕帯」という「性状」を重視
し、安全側に、活断層だと評価すべきです。

.関電の調査はずさんです。
南側トレンチで見つかった破砕帯は本当にF-6なのか?

関電は長さ300mのトレンチを掘るように島崎委員長代理に求められていまし
た。しかし、南側トレンチを70m掘れば、その真ん中に破砕帯F-6が出てく
るとした関電の予想は外れ、南側トレンチ内東端に破砕帯が出てきました。「取
り逃がしてしまった」(島崎委員)のです。そのため、「これが本当にF-6な
のか?」「南側トレンチの西側に別の破砕帯があるのではないのか?」と委員か
ら多くの意見が出されました。関電任せの調査では限界です。関電に都合のいい
結論しか出てこないことが明らかとなりました。規制委員会の責任で、トレンチ
を掘って確認すべきです。大地に針を刺すようなボーリング調査ではしっかりし
た確認はできません。


連絡先団体:グリーン・アクション 
e-mail: info@greenaction-japan.org
京都市左京区田中関田町22-75-103 
TEL: 075-701-7223 
FAX: 075-702-1952
スポンサーサイト

category: 脱原発

cm 0   tb 1   page top

鎌田慧さん、豊田直巳さんを囲んで 

8月26日 鎌田慧さん、豊田直巳さんを囲んで

「さようなら原発1000万人署名」の発起人のひとりである
ルポライター鎌田慧さん
日本ビジュアルジャーナリスト協会のメンバーで、原発事故勃発の翌日から福島県に入り、
飯舘村などで取材をつづけてきたカメラマンの豊田直巳さんが、
ピースボートから下船してパリにいらっしゃいました。




鎌田さんには、6月末の大コンサート、ソリデイズのときに集めた署名を
じかに手渡し、現在の日本の状況についてお聞きしました。

昨年、「再稼働しないと電力が足りない」という虚偽の宣伝で
大飯原発を再稼働させてしまったわけですが、
そのとき一般の人々も節電(それまでの電球をLED に替えるなど)を覚え、
節電は儲かるとわかった企業もあったとのこと。

しかし、原発はいらないという市民の思いは選挙ではまったく反映されませんでした。
「日本人は自分の票が死票になるのがいやで、勝てそうだという人や党に投票するようだ」と鎌田さん。

また、「福島事故の収束にかかる厖大な費用を日本政府はどうやりくりしているのか?
チェルノブイリでソ連が崩壊したように経済が破綻するのでは?」という質問には、
やるべき賠償や保障を政府はしていない
強制避難させられた人の放置された家の賠償や精神的な保障もなく、
ひと月10万円が東電から支給されるだけ。それもいつまで続くかわからない」。

さて、イラク戦争、パレスチナ、劣化ウランなどの取材をつづけてきた豊田さんは、
飯舘村での800日にいたる取材を、
3時間半のドキュメンタリー映画『遺言』に完成させたばかり。
畜産農家4家族の事故後の生活を追い、
原発さえなければ」という彼らの思いを伝えたいと語ります。

 豊田直己写真展

「遺言」オフィシャルサイト

ピースボートがローマに寄港した際には、
豊田さんや広島被爆者への現地メディア取材の通訳を
よそものネットのイタリア・ピサのメンバーがしたばかりでした。

category: 報告

cm 0   tb 0   page top

「死ぬ覚悟した」〜福島原発の元運転員、初証言 

「死ぬ覚悟した」
   〜福島原発の元運転員、初証言





ourplanet-tv

category: 情報

cm 0   tb 0   page top

原発事故後汚染水漏れは防げなかったのか 

小出裕章:高濃度汚染水漏れについて

遮水壁=地下ダム

category: 情報

cm 0   tb 0   page top

緊急署名 海を汚さないで! 

【緊急署名】

これ以上、海を汚さないでください。
政府は汚染水を止めることに集中してください。
規制委・規制庁は、原発の再稼働審査を中断し、
汚染水対策を優先してください。


※締切:8月8日(木)朝9時

【個人署名】
フォーム1

フォーム2

団体賛同

-------------------------------------------------
福島第一原発の汚染水流出が深刻な事態です。
6月以降観測用井戸から高濃度の放射能が検出され
海への流出が続いていましたが、
東電は参議院選挙後までその事実を認めませんでした。
ここまで深刻な事態を引き起こした責任は、
東電のみならず規制委員会・規制庁にもあります

有効な防止策を打てない状況で、原子力規制委員会は会合を開き、更田委員は
止水対策を直ちに実施するよう東電に求めました。しかし、東電まかせにするこ
と自体が間違いで、規制委員会・規制庁の自らの取り組みが問われています

海への汚染を一刻も早くくいとめるべく、国はあらゆる資源を投入すべきです。
これ以上、放射能で、
いのちの海を汚さないで下さい


田中俊一・規制委員長は、
「タンクにため続ける対策では限界があるため、
基準値以下にすることを前提に、海へ放出せざるを得ないと発言していますが、
汚染水の放出を容認する前に、
まずはあらゆる手をつくして汚染水を止めることに注力すべきです。

現在、規制委員会・規制庁は、
原発再稼働のための新基準の適合性審査に人と時間を割いていますが、
そのような場合ではありません。
あらゆる人的資源、施策を汚染水対策に集中させてください。
以下要請いたします

一.福島第一原発からの汚染水流出を一刻も早く止め、
  これ以上放射能を流さないでください

一.汚染水タンクから海への放出を容認しないでください

一.再稼働のための新基準の適合性審査を中断し、
  原子力規制委員会・規制庁の総力を結集して
  汚染水対策に取り組んでください


呼びかけ団体
原子力規制を監視する市民の会
福島老朽原発を考える会
プルトニウムなんていらないよ!東京
グリーンピース・ジャパン
ハイロアクション福島
グリーン・アクション
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
FoE Japan

問い合わせ先
福島老朽原発を考える会 阪上 090-8116-7155
FoE Japan Tel: 03-6907-7217 Fax: 03-6907-7219
満田 090-6142-1807

↓こちらも拡散を!
-----------------------------
-------------------
<緊急拡散希望>
東京電力福島第一原発の汚染水問題で、
緊急集会と政府交渉
(8/8 13:30~)

------------------------------------------------

関連映像




関連記事
汚染水「貯水に限界」田中氏、基準以下の海放出へ見解
(福島民友)

福島第1の汚染地下水、遮水壁上回った可能性高い
=原子力規制庁(ロイター)2013年 08月 5日 18:38 JST


〇東電福島第1原発、
放射能汚染地下水は東電の遮水壁を上回った可能性高い
=原子力規制庁福島第1原発事故対策室長 2013年 08月 5日 17:51 JST


○福島第一、汚染水封じ込めピンチ 
地中の壁で地下水急増(朝日新聞)

category: 脱原発

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

よそものネットにようこそ

メールフォーム

メールアドレス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。