05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

よそものネット

在外邦人と賛同者の 脱原発ネットワーク

チェルノブイリ・デー(28周年)パリのアクション 

チェルノブイリ・デー(28周年)
パリのアクション



4月26日(土)、フランス各地で
チェルノブイリ・デーのアクションが催されました。

パリでは
グリンピース、脱原発パリ、よそものフランス・パリなど8つの団体(近郊含む)と
緑の党が共催し、バスティーユ広場から市庁舎前広場まで
パフォーマンスと音楽をまじえたデモを行いました。
黄色いチョッキや防護服を身につけた市民300人が、
原子力をやめて再生エネルギーへの転換を」などと訴えました。

DSCF4206.jpg


DSCF4220.jpg

DSCF4239.jpg

DSCF4251.jpg

DSCF4258.jpg




今年はとりわけ、原子力を推進する国際機関(IAEA、ICPRなど)と
原子力企業・政治家との癒着関係をテーマにしました。
国際原子力ロビーは
チェルノブイリ事故の真の健康被害を隠蔽・矮小化しただけでなく、
「研究」や「援助」を名目として
汚染地で住民に被曝とともに生きることを促す
「エートス」などのプロジェクトを展開しました。

福島にも同じ国際機関の人々が何度も訪れ、
同様の試みがすでに始まっています。
日本政府は年間の外部被曝許容値を1mSvから20mSvに引き上げましたが、
EUではヨーロッパでの将来の事故に備えて、
100mSvに引き上げようとしています

この事態をあらわすために、
「原子力のヴェールをまとった花嫁」と
「議員」(原子力ロビーに服従している)の結婚式、
そして市民たちがこの不吉なカップルを離婚させる、という寸劇
4つの場所で演じられました。ぶっつけ本番の名演技に、
参加した市民たちもブーイングやアドリブで巧みに対応しました。
深刻な問題をユーモアをとおしてアピールしようという試みでした。

mariage4.jpg

mariage3.jpg

mariage.jpg

naja.jpg





現地の日本人も自転車部隊、かんしょ踊り、アナグラム、
Die Inなどさまざまなパフォーマンスに参加し、
福島の子どもたちの甲状腺がんの急増、
原発関連死、エートス問題
について話しました。



ナント リヨンでも
      アクションがありました。

a=========003.jpg
ナント

CAM00657.jpg CAM00650.jpg CAM00659.jpg CAM00660.jpg
リヨン


スポンサーサイト

category: 報告

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yosomononet.blog.fc2.com/tb.php/137-aa35272c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

よそものネットにようこそ

メールフォーム

メールアドレス